2021年ニューヨーク夏の展覧会

絵にまったく関心のない妹に、
絵を飾ることをすすめてみました。

手元にあったものを渡して、
後日感想を聞くと、
「うん、いい感じ。」という返事。

そして用あってその絵を戻してもらうと、
「なんか、寂しい。」
「他に何か無い?」

絵がわかるとか、わからないとか関係なく、
感じたまんまの言葉です。

今、自分が何を感じたのか。
それを知らせてくれるのがアートなのです。

目の前にその絵がなければ何も感じません。
溢れ流れる思考をストップさせてくれます。

今、自分は何を感じているのか?
誰も教えてはくれませんから。
誰の言葉にも流されないで、
自分で見て、自分で感じる。
とても大事なこと。

気づきのスイッチを入れてくれるアートイベント。
頑張って開催します。

ニュー・アーツ・プロスペクツ
アーティスト・フロム・ジャパン・シリーズ 第8弾!​
”アンソロジー”​
2021年8月16日(月)ー30日(月)

=Featuring artists=
Gani / Ichigo Nohara / K-Junko / Mai Izumi /Mariko Okabayashi / Mirai / Miwako Kashiwagi 
Monzo Watanabe / Morihiro Okamoto / Natsui Masuda/ Natsuya Myoui / Popchan / Ranco S. / Rin Tachibana Shingo Hayamizu / Syo Komiya / Taku Takishima Yoshihiro Kogure / Yuko Sato / Yuuichi Tanaka


堰(せき)を切った ようとは 、
たまっていたものがどっとあふれ出すさま。
こらえていたものが、
一度に起こる様子をいいますが、

コロナ禍の不自由さから解放されたように
大勢の人で溢れかえって大盛況で驚いたと聞いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です