ニューヨーク2020アート企画

ニューヨークで、

国際的文化交流と
日本のアートシーンの向上と発展、
作家のキャリア・アップをサポートする
New York Art Wave Projectから

プロ・アマ問わず、
アートを通じて作品に込めた想いを世界に発信し、
意欲的・積極的な活動を展開する
アーティストの皆様へのご案内です。

(デザARTはNew York Art Wave Projectを応援しています)

アーティストの皆さま、

アメリカはサンクスギビングの週末が終わり、2019年もいよいよ終盤に突入しましたが、日本の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

NYアートウェーブプロジェクトは、大小のアートプロジェクトを無事に終了し、盛況のうちに今年も幕を閉じることができました。

今年参加したArt on Paperアートフェアでは、予想をはるかに超える多くの来場者に、日本からやってきた独創的なクラフトマンシップから生み出されるユニークなアート作品に驚きと絶賛の声をいただきました。紹介する側としても非常に高いテンションでの展開となり、真のNYアート・シーンと深く関わる意義をあらためて認識したプロジェクトでした。

5月には、今年開催されたベネチア・ビエンナーレ関連展覧会の「Personal Structures」にも出展し、ヨーロッパ・アートシーンとの関わりも深めた展開となりました。

恒例夏の展覧会でも、今年から関連画廊として展覧会会場となったヴィリディアン・ギャラリーでのプロジェクトも展示内容、セールスともに高評価・好調だったため、来年も同画廊での開催が決定されるなどして、今後の新たな展開へとつながるかたちで終了できました。

2020年もこれまで培った信用と実績を生かし、ハイレベルなアーティストの作品を取り扱うプラットフォームとして、さらに一歩踏み込んだ飛躍の年となることを目指して活動していく所存です。

さて、現在スケジューリングが進んでいるざっくりとした2020年のアート・プロジェクトは、以下の通りとなります。(変更あり)

3月

Art on Paper art fair
テーマは自由。アート、クラフト、平面または立体問わず「紙」に関連した作品のみ出展可能。インスタレーション、個展も可能。

Scope Art Show New York
テーマ、素材、ジャンル問わず、コンテンポラリー・アートが中心ではあるものファイン・アートの参加も可能。インスタレーション、個展も可能。

4月・5月
3部構成のアートフェア

4月22日−26日
女性アーティストに特化したアートフェア
グループ展/ 個展可

4月29日−5月3日
シュール・幻想的な作品を中心としたコンテンポラリー・アートフェア
グループ展/ 個展可

5月6日−10日
LGBT関連のアート作品またはゲイ・アーティストに着目したアートフェア
グループ展/ 個展可

8月
3部構成の展覧会
Annual Summer exhibition
二〜三人展、四〜六人展、グループ展/ 個展不可

11月〜12月
Autumn Art & Craft Gift show (November・December 2019)
TBA

上記のアート・プロジェクト参加にご興味のある方は、個別に詳細をお送りします。email:nyartwave@gmail.comまでお問い合わせいただければ幸いです。(注:業者の方のお問い合わせはご遠慮ください)

つい先日、20年来の友人が急逝し、あらためて人生はとても短いのだと認識させられました。アーティスト人生の大きな転換・展開へのきっかけとして、または集大成としての指針としてお手伝いできれば誠に光栄です。

NYアートウェーブプロジェクト
ディレクター

森川さい

instagram: https://www.instagram.com/nyartwave/
web:http://www.nyartwave.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です