映画「人生の動かし方」

2017年に「人生の動かし方」
という映画がありました。


首から下が麻痺している
大富豪フィリップ
(ブライアン・クランストン)と、
介護人、元囚人のデル
(ケヴィン・ハート)の物語。

2011年の「最強のふたり」
という映画のリメイクでした。


フィリップは大富豪で
投資家で絵画の収集もしています。


私が特に印象に残っている場面があって、
絵にまったく縁のなかったデルが、
絵が高く売れるものだと知って
見よう見まねで絵を描きます。
デルは何かで起業したがっていました。

フィリップは、
デルが描いた絵を同じ投資家のカールに
買いたくなるように仕向けます。

カーター:
「誰の絵だ?」


フィリップ:
「いろんな名前で活躍している男だ。
確かめる方法はないがね。」


カータ―:
「バンクシーか?」


フィリップ:
「どこでも評判が良かった
そのうちオークションにかける つもりだが、


作品が訴えかけてきてね。
ここが俺の場所だと言って」


カーター:
「評価が上がる?」


フィリップ:
「どこまで価値があるか予測できない」


そしてフィリップを信用しているカータ―は、
結局50,000ドル(500万円以上)で
絵を購入します。


サプライズをもらったデルは、
「こんなのいかれ過ぎてる
信じらんねぇ!!!」


※確かに!

フィリップは、
「芸術に値段をつけるのは難しい
自分が気に入るかどうかだ」
と言います。


芸術とは、
払って価値を示すものだと。


※出来る人は少ない、、


これは映画の中の話ですが、
海外から、
絵画を投資とする詐欺が多発しています。
アーティストの皆さん、どうかくれぐれも
気を付けてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です