瀬戸内寂聴さん

ずっと前に、瀬戸内寂聴さんが
話していたことです。
 

ひきこもりの息子に
暴力を受けている親からの相談でした。
「怖くて仕方ない、
どうすればいいのでしょう。」
という相談です。
 

寂聴さんは、
親にに想像力がないことが
そういう状態を作ると言ってます。
 

人間は孤独。
孤独がさみしいから愛を求める。
息子さんは話を聞いて欲しいのよね。
人間は孤独だから、
好きな人と抱き合って寝ていても孤独なの。
 

親が子供が何を一番求めているか
わからないからスカタンなことを与える。
 

子供は向き合って欲しいから
暴力をして注目を集めようとする。
 

他の誰が逃げても
親だから逃げずに向き合う。
親だから許せるの。
親の愛は慈悲の愛。
何もかえってこない無償の愛。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です