【ザ・コンテスト・イン・ニューヨーク】結果報告!

【ザ・コンテスト・イン・ニューヨーク】結果報告!

 

ワクワクとハラハラの最終結果が公開されました。
グランプリの原太一さん、本当におめでとうございます!

https://www.nyartwave.com/ny


 NYアートウェーブプロジェクトの森川です。コンテスト・イン・NY展覧会、結果発表です。長らくお待たせしましたが、コンテスト・イン・NY展覧会2018の結果が出ましたので、ここにお知らせいたします。


グランプリ:Taichi Hara (原 太一) 受賞作「Legend」


デザアート・アワード(エコバックデザイン採用): 
Shin Miyahara (宮原伸)

NYAWプロジェクト企画展招待アーティスト:
Ikka Tamura (田村一花)
Naoto Okuda(奥田ナオト)
Kosuke Motohashi (本橋 孝祐)
来廊者による一般投票数
第一会期:235票
第二会期:218票
総数:453票一般投票第一位
第一会期:田村一花 (42票)
第二会期:原 太一(48票)次点
第一会期:本橋孝祐(29票)
第二会期:奥田ナオト(33票)

審査員の意見が分かれたため最終的な判断にたどり着くまで時間がかかり、結果発表が遅くなったことをお詫びいたします。
審査員のコメントはウェブサイトでご覧になれます。

https://www.nyartwave.com/nyグランプリ受賞の原太一さん、デザアートアワードの宮原伸さん、NYアートウェーブプロジェクト招待アーティストの田村一花さん、本橋孝祐さん、奥田ナオトさん、皆さん受賞おめでとうございます。

惜しくも受賞を逃したアーティストの皆様、受賞者に名前が見当たらずに落胆された方もいらっしゃることと察します。

多くの審査員のコメントにも記されているように、個性的で、作家の思想、声、アイデア、心や想いが真摯に発せられた作品がラインアップして、どれか一点を選択する難しさに審査員だけでなく一般投票者も頭を悩ませている樣を会期中目の当たりにしておりました。

通常の展覧会ではなく、一般来廊者にも投票していただくスタイルの展覧会でしたが、来廊された方々に投票をお願いすると、多くの来廊者が快く協力してくれました。

もちろんですが、鑑賞だけ楽しんでいく来廊者もいて、会期中に本当に多くの方々に皆様の作品をご鑑賞いただけたと自負できます。

結果としては原太一さんがグランプリを受賞されましたが、十人十色、特にニューヨークのような世界中から人が集まる大都会では、好みも視点も様々です。票数にも現れているように、様々な方が様々な選択をしている過程に居合わせた立場としては、本展覧会に参加していただいたアーティスト皆様全員にグランプリを差し上げたい心境です。

審査員の方々、デザアートさんや来廊者とのコミニュケーションを通して意外なご意見やご感想をいただくこともあり、日本とアメリカのシステムの違いを再認識する機会ともなって、今回の試みは主催者側としても学び多きイベントとなりました。この場をお借りして、関わっていただいた全ての皆様に感謝の意を表します。

本展覧会への参加が皆様の作品制作への新たな展開に影響し、意欲・飛躍につながるものであってほしいと心から願っております、ご参加いただき誠にありがとうございました。

応援していただいた関係者の皆様、たくさんの励ましのエールありがとうございました。

皆様のおかげで無事に終了することができました。次は秋のアート&クラフトギフトショーが待ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です