アートとピアノのチャリティイベント

寄付を集める事。
寄付を扱う事。
寄付と言う名のもとで飛び交う危うい情報。
純粋な気持ちで始めた企画ですが、
何人かの方、というよりも、
社会をよく知る人達からありがたい意見もいただきました。

集めたお金を熊本まで、どのように届けるか?
その過程をクリアにすること。
デザートが支援したい被災者の方達に届けることが
ゴール。

今回のチャリティで集められるお金の使い方として、
『はなぶくろ』の制作があります。

デザートに集められるお金はささやか。
お金を集める事よりも、『はなぶくろ』を作って届けたいと
いうのが、私の気持ち。

今回のチャリティに関わってくれる人から、はなぶくろについて
聞くお話は意外なほど嬉しい言葉が多いのです。
つまり、みんな、被災地のことを忘れているわけではない
のだという事に気がつきました。

何かをしたいという思いはあるけれど、
寄付しか思いつかない。
自分で行動を起こすことは難しい。
賛同出来ることがあれば協力したい。

参加アーティストの皆さんも同じ思いです。
音楽も美術も、感動を伝えることが出来ることを
知っているから快諾していただけました。

音楽とアートは、本当によくあいます。
宮原伸さんのマザーテレサが会場を包みこんでくれました。

石井さんの後ろには富永多美子さんの描く女性達。
FBにもアップしますのでご覧いただきたいと思います。

ワンちゃんを連れたご夫婦も、テラスで鑑賞。
いっぱいに出来なかった事が心残り。

なんて可愛らしい!
キュートな彼女らも、フラダンス初舞台だったのです。
3日前に参加してくれる事に!
もっと緻密な計画が出来たなら、来場者も増やすことが
出来ただろうと思います。

『もっと、早く知らせてくれたら良かったのに!』
急きょ参加を決めて下さったフラの先生や、
1日前に準備を手伝ってくれることになった裏方の中村さん。
(中村さんが今回の展示のすべてを担ってくれました。)

あ~~、私って、私って!

寄付作品を制作してくれた宮原伸さん、エリさん。
のはらいちごさん。

いちごさんのキーホルダーは写真を撮る前に知人が購入してくれて
テーブルにはありません。

出来ることは本当にささやかだけど、
関わってくれたすべての人の思いは同じ。
被災地へ、励ましの種を届けるために、
『はなぶくろ』制作を実現するために継続していきます。

アーティストに紹介してくださった名古屋の赤い靴オーナーの
大川様、本当にありがとうございました。

会場を快く提供していただいたP&Bオーナーの
小林様ご夫妻。集客の面でもお力をいただきました。
心から感謝いたします。

被災地の状況を話してくれたのがオーナーの
息子さんの小林貴虎様。
貴重なお話をありがとうございました。

そして、今回参加アーティストのステラさんは
小林貴虎様の奥様!

小林様ご一家全員でご協力いただきました。
本当にありがとうございました。

ポスターやシェアなど、快く協力をしていただいた
あゆみ野の小倉由紀子様、ありがとうございました。 

チラシ制作に協力提供してくれた店さぽ代表のLee様。
根気の良い指導のおかげです。
ありがとうございました。

漆喰の壁にどう飾るかという大問題に頭を悩ませていました。
前日の7月1日!「見てあげるよ」ということで
設営から撤収まで、私の足りないすべてを補ってくれる事に
なった中村哲也様。
本当に、本当に、本当にありがとうございました!
中村さんがいなければ悲惨な事になっていたに違いないと
思うとゾッとします!

当日和歌山からスタッフとして駆けつけてくれた寺前君、
ご苦労様でした。ありがとうございました。

はなぶくろの話を伝えたら、
『鈴木さん、イベントしましょう!』と
背中を押してくれた中納君。
君のおかげでやりきりました!
ありがとうございます!

最後になりましたが、 

ピアノの石井里奈様
バイオリンの小田弘明様

アーティストの皆さま
  ・富永多美子様
  ・SAI  様
  ・TAJI 様
  ・ステラ様
  ・宮原 伸様
  ・ERI様
  ・福岡笑美様
  ・池田明様
  ・のはらいちご様

ご協力ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です