5,120

イベントのチラシ印刷2,500枚。
自宅印刷600枚。
大判ポスター20枚。

チラシとポスターで3,120枚のチラシを配布。
3,000人以上の人の手に、目に届けることが出来たとして、
関心を持って足を運んで頂ける数は未知数。

アートというのは、とても需要と供給のバランスが悪い。
アーティストは増えているのに、作品は滞っている。
デザートが出来ることは、アーティストを知ってもらう場を増やす事。
アートの流れを良くすることを考えること。

21日から三重県総合文化センターの文化会館2Fギャラリーで
三重県洋画協会展が開催されていて、26日までの6日間で
毎年2,000人の来場者があるのでチラシを置いてきたら?と
お声をかけて頂いた。

チラシとポスターで3,120枚のチラシと三重県洋画協会展に来る人2,000人を
あわせて5,120という数字。

う~~ん、これだけの人が見てくれたとして、何人が来てくれるのかしら?
と、捕らぬ狸の皮算用。

三重県総合文化センターにチラシを届けたその足で、イベント会場周辺のお店にポスターを貼らせてもらえないか巡って見た。
(※三重県総合文化センターとイベント会場P&Bは車で5分ぐらい)

最初に行ったコンビニでは、ポスターにお金が発生する内容があると貼れないと断られた。

その次に行ったシャトレーゼさんも同様でしたが、スタッフの人が興味深く見て頂けたので、私の緊張も少しほぐれ、お願いする事の難しさより楽しさを見つけた気分。

調子が出てきて、すぐ近くのパン屋さんにもポスターは大きすぎるのでチラシならということで貼って頂けることになった。良かった!嬉しい!

次はJAの隣にあるファーマーズマーケット。店長さんが「いいよ!」のひと言。快調、快調。

最後は人で溢れていた大手スーパーに挑戦。こちらは、コンビニと同じ理由で断られましたが、従業員が100名以上いるのでと、更衣室に貼って頂けることになった。

出来ることをひとつひとつクリアしていく日々が続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です