メセナ・ビジネスカード

デザARTの活動のひとつとして、
『メセナ・ビジネスカード』の普及があります。
http://www.npo-dessart.org/NpoKatudo.html


メセナ」【mécénat】は、芸術文化支援を意味するフランス語です。
アートを支援し、社会の役に立つ仕組み作りのひとつとして
進めて行きたいプロジェクトです。


どういうものかというと、
名刺の表には会社名、氏名、連絡先を、
裏にはアーティストの作品を印刷します。


この名刺には、3つの喜びがあります。

ひとつめは、『名刺を作って下さる方の喜び』です。

名刺を作って頂く方が名刺交換する際に、
自分は(会社は)社会貢献を意識しているということを、
さりげなく伝えることができるということです。

そして、印刷されているアートをきっかけに
緊張がほぐれ、会話のきっかけ作りが出来ます。

ビジネスに必要な会話がスムーズに運びます。

名刺を持つ方のイメージアップが出来る喜びです。

ふたつ目は『アーティストの喜び』です。

アーティストがアート(作品)を通じて
より多くの方にPRが出来るということです。
名刺が配られるごとに作品を紹介していただけます。

展示会やHPでの作品紹介とは違い、
人から人へ、作品が手渡しで紹介されていきます。
名刺はどこで、どんな形で人の目に触れるかわかりません。

名刺を受け取った人に関心が無くても、
無造作に置かれた名刺を見て『あっ!』と思う人がいるかも
しれません。
デザARTはそういう奇跡を沢山作りたいという思いがあります。

アーティストの出会いの場が広がるという喜びです。


みっつめは、『社会の喜び』です。

名刺1枚に付き5円の寄付を計画しています。
100枚で500円の寄付が出来ます。


社会の問題解決に力を添えることが出来たら、
人々の無関心を関心へと変えることが出来ます。
関心を持ってほしい社会問題の喜びです。

日本飢餓対策機構 www.jifh.org/ を始め、
カンボジアで女性支援をする活動をしている
団体 http://www.naturalvalue.org/
など、身近なところから始めていこうと思います。


関心が無いよりあった方が良い。
たとえわずかな寄付でも、無いよりあった方が良い。
わずかな寄付で積もれば役にたてるときが来る。

どこかの誰かの人生を変えるワンコインを
作り続けたいと思います。

http://www.npo-dessart.org/NpoKatudo.html

「メセナ」【mécénat】は、芸術文化支援を意味するフランス語です。
古代ローマ時代の皇帝アウグストゥスに仕え、
詩人や芸術家を手厚く庇護した高官マエケナス(Maecenas)
の名に由来しています。



メセナ (mécénat) とは、企業が主として
資金を提供して文化、芸術活動を支援することである。
 ただし、企業による資金以外の経営資源(人材・施設等)
による支援も少なからず行われている。

また、企業による事業主催なども含まれる。
 代表的なものに財団などを通じた資金的バックアップや、
企業が主催するコンサートやオペラの公演、
スポーツなど各種イベントの開催などがある。


メセナ – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/メセナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です