The Gohan Society

GOHAN
 The Gohan Society

”ごはんソサエティー”というレセプションに,

食文化のファウンデーション、

サイレントオークション『ガラナイト』の、

プレス(取材者)として招待されていた妹に同行。

なんのことかちんぷんかんぷんですが  (~_~;)

日本の文化を日本食を通してアメリカに広める

活動をしている”ごはんソサエティー”という団体の

活動の10周年記念パーティで、


そこでは日本食をより美しくより食べやすくデザインした

華麗な料理が披露されていました。

中でも、注目を集めていた『ウニ!!!』

日本でもこの姿で観ることはあまりない『ウニ』ですが、
”絶品”の声の通り、他の食材と見事にデザインされていました。

上にのっているのはキャビア。

時差ぼけで相当疲れた顔してますが、

普段なら辞退するところ思いきった行動をした記念です。

日本からいきなりNYソニープラザの12階!
この時何を考えていたかというと、

「この状況、うっそ(嘘)でしょ~~ ^^;」

サイレントオークションというのは、

不要になったものを売買しするオークションで
売上はどこかの団体に寄付されるようです。

一見派手なセレブの集まりのような感じもしましたが、

現在の日本食ブームは、アメリカで、

日本食を広めようという活動を、

地道に行ってくれる方達がいたお陰なのだと
思わずにはいられませんでした。

中央の女性が創設者の 川野 沙織氏

包丁1本の料理人のぶさんも

http://blog.looktour.net/14/vol-21

日本食を愛するシェフ達。

ソニーになくてはならない方。(右端の女性)

本当に貴重な体験でした!
ありがとうございました!

http://gohansociety.org/1-2/mission/

『ごはんソサエティ ミッション』
私たちの使命は、シェフ、料理の芸術の専門家と賞賛し、日本文化を楽しむすべての人に支援活動を通じて米国における日本の料理遺産の理解と認識を促進することです。

私たちは、文化と美食教育と交流の原則にコミットしている、私たちはそのような教育の取り組みを通じてプロとアマチュアの両方をシェフ、レストラン経営、ジャーナリスト、および食品の愛好家を鼓舞することにより、我々は拡大し、彼らのレパートリー、その芸術性とその文化を豊かにすると信じています理解。

悟飯社会は日本の伝統的な食材、技術および食品関連製品の知識のためのリソースセンターとして機能し、米国ではその知識の拡張のための触媒として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です