アートイベント「ブッシュウィック・オープン・スタジオ」①

6月5日~7日、ブルックリンのブッシュウィックで

「ブッシュウィック・オープン・スタジオ(Bushwick Open Studio)」

というアートイベントが開催されていました。

私が見に行ったのは6/7の最終日で、

ニューヨークに行ってから始めての夏日でした。

アーティストが作品を制作する場所を

『アートスタジオ』といいます。

日本では『アトリエ(なぜかフランス語)』

と呼ばれているものです。

※ 地下鉄を上がったらすぐに出てきた作品。

確かMOMAで見た絵です。堂々と模造して出しているところが凄い!

しかも、こんな大作!

今回行ったニューヨーク・ブルックリンの

ブッシュウィックでは、

ひとつのビルに50人以上の

アーティスト達が『アートスタジオ』を借りていて、

普段は制作現場を見せると言うことはしないそうです。

普段は見せない現場を一般公開して、

沢山の人に見てもらおうというアーティスト達の

お祭りのようなアートイベントが、

「ブッシュウィック・オープン・スタジオ(Bushwick Open Studio)」です。

ビルはひとつだけではなくて、5つも6つもあり、

そこに50人~100人近いアーティスト達が

スタジオを借りているのだそうです。

一般公開して、より多くの人に見せるだけではなく、

アートビジネスに関わるコレクターや、

ャラリスト、キューレター、アートディーラーが足を運ぶので

スターアーティストの発掘の場所にもなっているのです。

アーティストは作品の発表が出来、

アートビジネスに関わる人々には、

才能ある作品の発掘が出来、

そして大勢の人が楽しめるということで

ブッシュウィック以外にも大きなイベントがあるそうです。

工場だったビルがアートスタジオのビルとして再利用され、

街全体がアートの街になっています。

高層ビルが立ち並ぶきれいな建物とはほど遠く、

アートの街は、古い建物を上手く使いこなし、

そこに人が集まる流れを作り出していて、

正直なところ、日本で、アートでこんなに人を集める

事ができるのだろうかと思いました。

彼女の作品

≪ニューヨークの1日≫

ハトや鳥達がえさを食べている風景が作品です。

全部手作り。この鳩達ぜ~~んぶ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です